fbpx

rinpaeshidan_team_top_800

輪派絵師団

RINPA ESHIDAN
形式に捕らわれない自由な発想と表現、そのエンターテインメント性の高さで話題が絶えない映像アート・グループ、輪派絵師団。
現在、Noiz-Davi、山本大輔、笹井あかり、D・H・ローゼン、Xolaを中心に活動を続け、
これまで、絵や立体物が創造される過程と変化の過程を記録した映像制作、ライブ・ペイント、
壁画制作、デザイン提供、CM・PV(アニメーション)を手掛ける等、メディアを問わず
多岐に渡る創作活動を展開してきた。
「創造過程」をテーマとし、「集団制作」に特徴を持つ映像作品は、動画共有サイト「youtube」を通じて、全世界へと配信され、多くの人を虜にし、閲覧回数は200万回を超える大記録を樹立。
この記録は現在も更新され続けている。2006年には、アメリカのTV局、ABCの朝の大人気ニュース番組「Good Morning America」で取り上げられ、モーションペイントと音楽が融合したエンターテイメント性の高さが評価される。
その後もアメリカでのKDDI MOBILEのCMを手がけ、多くの反響を呼ぶ。
日本国内では、NHK番組「サラリーマンNeo」のオープニング映像制作、TSUTAYAキャン
ペーンCMへの出演を果たす等、多くのメディアで取り上げられてきた。
2007年9月には招待作家として、中国・北京の大山子芸術区で開催された現代アートの祭典Dangdai International Art Festival (DIAF)で、3日間に渡る公開制作を実施。
反響は日本国内のみならず、国境を越え、海外からも注目されている。2008年6月26日、輪派絵師団がこれまで制作してきた映像作品の集大成FirstDVD「en」をリリース。
全国主要レコード店で発売中。